スチール用縦型ビレットヒータ | Inductotherm Group Japan Ltd.
×

スチール用縦型ビレットヒータ

Banyard バンヤードでは、誘導加熱のスペシャリストとしての40年に渡る設計製造ノウハウをかけて縦型ヒータへの挑戦を続けてきました。また低周波誘導電源(LFi)のワールドリーダーとして、バンヤードでは幅広い電気制御装置、材料ハンドリング装置を含んだターンキー装置もご提供しています。その結実が、実績のある最新テクノロジーで高速・高精度、高い再現性を可能にしたバンヤード縦型スチール用ビレットヒータ(VSI)です。押出プロセス前のライン全体の信頼性を高め、メンテナンス費用を抑えることのできるターンキーシステムのご提案もいたします。

この装置は、昨今ますます高まる均一・均質な冶金的組成の高品質管材を求める市場の声にお応えするために開発されました。304 / 316ステンレス鋼やインコネルなどの特殊鋼の押出成形シームレスパイプは、非常に優れた防食性があり、溶接継ぎ目がないため圧力抑制力が高いので、航空宇宙、石油化学、海事、発電、酪農、薬学分野などの高い要求をかなえる理想的な管材です。

バンヤードのスチール用縦型ビレットヒータは直径φ150 mm ~ 460 mm、長さ 300 mm ~ 1500 mm のビレット、中空ビレットまたは管材にご使用いただけます。

 

ビレットアップエンダ(直立装置) / チャージャー装置

 

予熱されたビレットは冷材シャトルコンベヤから加熱ステーションアップエンダ(直立装置)まで横向きにプッシャーとシュートで搬送します。ビレットは加熱開始信号が送られるまでシュート上で待機します。加熱開始信号が送られると、ビレットはシュートからアップエンダ(直立装置)に装填されます。アップエンダがビレットを垂直に立て、油圧ラムで縦型誘導コイル内へと挿入します。加熱完了後、ビレットは下降し、ホットビレットコンベヤに横向きに載せられます。油圧ラムは異なるビレットサイズに合わせて調整可能です。

 

PLC装置とオペレータインターフェース

 

標準PLCコントロール装置が含まれており、誘導加熱装置、コンベヤ、アップエンダ(直立装置)その他搬送装置など押出前装置一式を制御します。

制御装置には各加熱ステーションに割り振られたI/Oと独立型オペレータコンソールが含まれています。オペレータコンソールのタッチパネルから加熱パラメータの入力を行い、また加熱ステータスの確認ができます。

 

酸化(スケール)の軽減

 

コイルの上部にはトップハットが取り付けられているので、熱損失を大幅に抑えることができ、また封入雰囲気を閉じ込めることができます。不活性ガス封入口はコイル下部にあります。

中空ビレットは、制御雰囲気下で誘導加熱を行うことで、ガス加熱より酸化とスケールの生成を大幅に削減することができます。

お見積り依頼

インダクトサームグループジャパン株式会社

神戸市西区南別府1丁目3-10

  • Phone: 078-974-2552
  • Fax: 078-974-6535

特徴

Banyard バンヤードのスチール用縦型ビレットヒータ(VSI)はビレットおよび中空ビレットの縦型高精度静止加熱用ヒータです。

  • 適用ビレット直径 φ150 mm ~ 460 mm
  • 適用ビレット長さ 300 mm ~ 1500 mm

 

バンヤードではお客様のご要望に合わせたターンキー装置のご提供もいたします。

  • ビレットアップエンダ(直立装置)/ 垂直リフト装置
  • ビレット搬送シュート / コンベヤ
  • 材料の酸化を最小限に抑えるための制御雰囲気加熱

 

シングルショットVSIテクノロジーの利点

  • ビレット外周の高精度温度制御と再現性、より良い温度分布
  • 自動コイルタップ切替で異なるビレット長さに対応
    様々な金属のビレットにおいて酸化とスケール生成を最小限に抑えます(制御雰囲気テクノロジー)
  • ビレット溶着なし
  • ガラス潤滑剤の堆積なし
  • フレキシブルオペレーション
  • 自動コイルタップ切替付きシングルゾーン加熱装置では、ビレット長さを変更しても適切な温度プロファイルでの加熱が可能
  • ゾーンコントロールおよび切替付きマルチゾーン加熱装置でも、ビレット長さに応じた適切な温度プロファイルでの加熱が可能

仕様

温度管理

  • ビレット長手方向の温度精度を出すため、コイル内ビレットの上部と下部に特別設計のラミネート加工磁束集中器を設置
  •  磁束集中器の位置はビレット寸法、コイル内のビレット位置、ビレットの最終加熱温度などによって決まります。
  • ビレットの表面温度監視用の放射温度計が2台含まれているので、温度計の故障の有無も確認できます。
    ビレットごとの温度バラツキは±15℃以内、ビレットの均熱は温度差5%以内で保証
  • 希望の加熱温度によってビレットのサイズに合わせた最適な出力と温度カーブを決定
  • 周波数が低いほど誘導電流の浸透深さが深くなります。可変周波数で最大限の生産性と最適な稼働条件を達成
  • ビレット端部の放射損失を補うためのフレキシブル昇温

 

VIPインバータ電源

  • 出力: 500kW ~ 1000kW
  • 入力: 400V 3相 または 575V 6相(出力によって決定)
  • 入力力率: 0.95(一定)
  • 0 ~ 100% まで無段階出力調整
  • 50 ~ 150 Hz まで周波数可変