タンデムチャンバー誘導スカル溶解炉 | Inductotherm Group Japan Ltd.
×

タンデムチャンバー誘導スカル溶解炉

コンサークの誘導スカル溶解炉(ISM:Induction Skull Melting)は真空または制御雰囲気下で誘導コイルを使用し、セグメント型水冷銅ルツボ内で金属を溶解する装置です。タンデムチャンバー(2台の溶解炉)デザインは高効率の操業に適しています。もう一方のチャンバー(炉)へ電源を切り替える事で電源装置を効率よく利用します。また従来のアークスカル鋳造のような反応性材料の溶解と比較し、より高品質な組成及び均熱性を提供します。

お見積り依頼

インダクトサームグループジャパン株式会社

神戸市西区南別府1丁目3-10

  • Phone: 078-974-2552
  • Fax: 078-974-6535

特徴

• 2つの独立したチャンバー(炉)で電源装置を共用
• 電源装置の効率的な利用
• 高処理量
• 2チャンバーによる冗長性
• ピットレス対応

仕様

容量: 5kg – 100kg+
真空度:最大 1 x 10-5 torr
遠心鋳造:400 RPMまで対応
銅製ルツボは単一鍛造品を使用
カメラシステムで遠隔溶解監視
安全なリモートコントロール

アクセサリ

• カップチャージャー
• 遠心鋳造
• 突き棒
• 接触型熱電対による温度計測
• 放射温度計
• 高真空用ポンプ(油拡散ポンプ)

写真