×

HAZControl™ 制御テクノロジー

HAZControl™ テクノロジーは、高周波電縫管溶接の重要設定項目である熱(電力)、熱影響部幅(周波数)、Vエッジ長及びミル速度の複雑な関係性を大幅に簡素化します。HAZControlTMテクノロジー搭載装置では、ミル設定値と材料情報をソフトウェアに入力するだけで可変周波数式HF溶接機の準備が完了します。

溶接出力と周波数を個別に制御することにより、HAZControl™ テクノロジーでは、製品ごとに操業内容に合わせた正確な熱入力制御を行うことができます。材料に合った出力と周波数の組み合わせを正しく選択できるフレキシビリティが溶接品質の向上につながります。

特許取得済みのHAZControlTM テクノロジーは、操作盤での適正溶接周波数選択、周波数の保持、設定値と工程パラメーターの保存・呼び出しを可能とし、安定した再現性を得られます。

お見積り依頼

インダクトサームグループジャパン株式会社

神戸市西区南別府1丁目3-10

  • Phone: 078-974-2552
  • Fax: 078-974-6535

特徴

HAZControl™ テクノロジーが高周波溶接の幅を広げます。

新しい製品を初めて造管するときには、HAZControl™ テクノロジーソフトウェアが独自のアルゴリズムで出力および周波数の推奨設定値を算出します。運転開始後、溶接品質が確認されれば、そのパラメータを以降の運転のために保存することができます。

  • 特許取得済み AutoMatch™ オートマッチ機能で幅広い材料サイズでのフルパワー出力が可能
  • VeeAxis™ コントロール – 自動Vエッジ長設定
  • シンプルな操作表示でプロセスの再現性を高めます
  • 設定出力保持 変動 0.5% 以下
  • 設定周波数保持 変動 1.0% 以下
  • ジョグ速度(出力1%程度)での溶接時にも優れた安定性と出力調整が可能
  • 入力力率 0.95 以上
  • 高変換効率 85%
  • 誘導 / コンタクトのデュアル方式
  • DC リップル 0.5% 以下
  • 整流時の高調波電流低減
  • 標準装備の速度/出力コントロールで操作を簡易化、スタートアップ時や操業終了時にもミル速度に合わせて溶接出力を正確にコントロールできるのでスクラップを大幅に削減。

仕様

標準定格出力: 50kW ~ 1800kW
可変周波数域: 150kHz ~ 300kHz または 250kHz ~ 400kHz その他レンジも可能

入力電圧 380, 480, 575 V @ 50/60 Hz

一次側絶縁方式電源DC整流
高周波出力トランス不要

50 kW 高周波MOSFETモジュール

 

アクセサリ

ThermaView™ サーマビュー

サーマビュー診断パッケージはマイクロプロセッサ搭載のグラフィックソフトウェアです。トラブルシューティングを容易にするだけなく溶接パラメータも常時表示します。サーマビューは溶接機のステータスや操業状態を知らせる予防保守のためのパワフルなツールです。

 

ツーリング

サーマツール純正導コイルやインピーダなどのツーリングを使用することでフルパワー出力、信頼性の高い操業が可能になります。実績のある標準CFI誘導コイルは長寿命で様々な径・肉厚の材料とのマッチング能力に優れています。インピーダとインピーダブースターポンプを使用することで溶接中の出力を最小限に抑えヴィーに直接パワーを入れることができるので溶接効率を向上します。